読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumityouの単身赴任ブログ

単身赴任者kumityouの単身赴任の事、時事、節約など思った事をつづっていきます。

単身赴任をして感じる家族のありがたみ

単身赴任 家族 生活環境


スポンサーリンク

家族と一人離れる単身赴任。

家に帰っても室内は真っ暗・・・。

挨拶をしても返事無し・・・。

ご飯はいっつも寂しい一人・・・。

子供の成長もこの目で見ることができない・・・。といった精神への波状攻撃から始まり、日々の食事・掃除・片づけ・アイロンがけなど、今まで嫁様に助けられていたあれやこれやがどっさりと負担としてのしかかってくる・・・。

 

単身赴任をしていると普段はなかなか感じにくい家族のありがたみをしみじみと実感。今回は、そんな気分や面倒をなんとか和らげる単身赴任中のアイデアについて書いていこうと思います。

 

f:id:kumityou21:20160201231836j:plain

 

1.単身赴任は自分だけでなく家族も不安がいっぱい

単身赴任生活をするにあたって、一番苦しいのは、家族と離れた寂しさにどう対応するかです!もう、わずか半年単身赴任しただけですが、これは間違い無いです!!

 

一緒に暮らしているときは、何の気なしに言っていた『おはよう!・おやすみ!』、『いってきます・いってらっしゃい』、『ただいま!・お帰り!』。これまで当たり前だった挨拶が無くなります。

 

それに気づいた時、猛烈な寂しさが襲ってきました・・・。

そんな寂しさを紛らわすように家族に電話をかけても、電話を切った後、一人単身赴任の部屋にいるときの侘しさ・・・。だんだん心も弱ってきます・・・
そして、自分だけではなく、残された家族も残された不安・育児の大変さが襲ってきて、本人・家族のどちらかが精神的にバランスを崩してしまうという事もあるようです。

 

1-1.離れているからこそ家族とのコミュニケーションをしっかり取ろう

スマホやパソコンの普及で、簡単に今何をしているのかわかるようになって来ている今だからこそ、どんな生活をしているのか、今日何をやったのかは、密に連絡を取り合うのが良いと思います。

そうすることで、お互いを認識し、何のために単身赴任で頑張っているのかを確認でき、日々頑張れますし、また、お互いの体調や心の状態も分かるので、家族みんなで支え合う事ができると思います。

 

1-2.SNSを積極的に活用しよう

簡単に今、何しているのかのコミュニケーションを図れるツールとしてLINEなどに代表されるSNSを活用することがオススメです。

私の場合も、嫁様とLINEのチャット機能でのやり取りで、今何してる、子供がどんなことをした、生活での問題ごとについてなどなリアルタイムでわかるので、とっても便利です。

 

LINEとはスマホなどで利用できるアプリです。LINEを簡単に説明すると、

無料のコミュニケーションツールの事で、LINEをインストールしている(利用している)人同士ではないと利用できませんが、「チャット」や「通話」がネット回線を利用することで無料で楽しめます(※ネットの通信料が発生しますが、スマホなどでは通常ネットし放題のプランに入っているので無料でできます。)

 

会えないけれど、今家族がどんな状況にいるのかが分かるというだけで、精神的にかなり楽になります。また、通信費などの心配も無いので、金銭的負担も無く、とても重宝できます。

 

 

1-3.Skypeを活用しよう

LINEでリアルタイムの状況が分かるので、精神的に楽になると言いましたが、それでもやっぱり顔を見ないのはどうしても寂しくなってくるものです。私もめちゃ寂しいです。

 

そんな時に役立つのがSkypeを使った映像通話(インターネット電話)です。

 

Skypeはインターネットを使った音声通話、チャットなどを可能にする無料のソフトウェアのことで、パソコンなどにインストールすることで利用できます。

Skypeも先ほどのLINEと同じように、インストールしている(利用している)人同士ではないと利用できませんが、顔を見ながら会話ができるので、とっても便利です。

 

ただ、契約しているインターネットの回線速度が遅いと、通信映像がコマ送りのようになったり、ひどい場合には途切れたりしてしまうので、注意が必要です。

 ⇒ネット環境については、「単身赴任中のネット環境はどうしたらいいんだろう」も合わせてご覧ください

 

 

2.面倒な日々の家事

日々の食事・掃除・片づけ・アイロンがけなど、今まで嫁様に助けられていた家事がどっさりと負担としてのしかかってくる今まで、自分で家事をこなす習慣がほとんどなかった私にとっては、なおさら面倒でしょうがない。

特に、掃除や洗濯といった家事は、私の場合、単身赴任を始めた当初は、常に物をしまう習慣を付けていなかったので、あちこちに物が散乱してしまってますます面倒になって掃除をするのが大変な作業になったりしてました。

 

そのため、まず始めに保管場所を決めて、日頃から掃除をする習慣を付けておけば、部屋が汚れにくいですし、掃除も簡単になります。また、汚れやすいトイレやキッチン、お風呂場、洗面所は使ったらその都度掃除する癖を付けておくと後が楽です。

 

また、掃除の便利グッズを活用するとよりスムーズになります。掃除は、掃除機と一緒にハンディタイプクリーナーやフローリングワイパーを併用すると、より綺麗さを保つことができます。

 

とにかく、汚くなると、ますます掃除をするのが億劫になりますので、日々少しずつやっていくという習慣化がポイントです。

 

 

また、ゴミ出しについては、住む地域ごとに、出す曜日や分別方法も異なるので、事前に調べておくと便利です。ルールを破ってしまうと、ゴミを回収してくれないこともあるので注意しなければなりません。

そんなこともあって私の場合は、ゴミが溜まると匂いも臭いし、なんとなく気持ち悪いのが嫌でしたので、24時間365日いつでもゴミを出してOKの住居にしました。

 

 

そして、洗濯も私は今まで結構適当に考えていましたが、ただ単純に洗濯機で洗って干せば終わりという訳ではなく、シワ、袖や襟の汚れにも配慮しておかないと、そのあとの片づけが結構面倒になります。

特に、私の場合、毎日スーツを着て出勤するのですが、それで一番困るのが日々のワイシャツの準備です。適当に干していると、シワが多くできていてアイロン掛けがものすごく面倒です。私の場合は、クリーニングに頻繁に出すとお金もバカにならないので、形状記憶タイプのワイシャツを使用しています。形状記憶タイプのワイシャツは非常にシワになりにくいので、洗濯や干す時にもあまり気苦労がありませんし、比較的アイロン掛けも苦にならずにできますのでオススメです。

 

 

3.まとめ

単身赴任には、何かしらのこまごました所で大変なことがつきものです。けれども、新たな発見や、嫁様への感謝の気持ち、家族のありがたみなどもしみじみ実感し、家族全員でそれぞれ一人ひとりの大変さ・ありがたさを理解するいいチャンスです!

 

自分を成長させるためにも、充実した単身赴任生活を送りましょう!