読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumityouの単身赴任ブログ

単身赴任者kumityouの単身赴任の事、時事、節約など思った事をつづっていきます。

単身赴任者の家具家電はどうする?

単身赴任 お金 生活環境


スポンサーリンク

単身赴任で引っ越しをする際には、必要に応じて家具家電を新たに準備する必要が出てきます。

 

とは言っても、単身赴任は期間が限定されていることも多いようなので、新たに購入などをしてしまうと赴任期間の終了時に、それらの家具家電をいざどうするかの問題も発生します。

 

処分するにしても、リサイクル料金などのお金も必要になるし、かといって自宅に持って帰るにしても、置き場所の問題や引っ越し代などの費用など、購入時を含めれば費用が二重にかかってしまいます。

 

そんな単身赴任者の家具家電について書きたいと思います。

 

f:id:kumityou21:20160202205006j:plain

 

 

 

 

1.単身赴任の期間に応じて家具家電のレンタル・購入を検討しよう

あくまでも私の主観ですが、単身赴任の期間が2年以内の場合は、家電製品や家具などをレンタルする方が、後の処分などの事を考えるとお得かと思います。

 

例えば、冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビ、電子レンジ、掃除機を1年契約のレンタルをした場合、年間で36,000円~60,000円が相場のようです。

これに配送時の送料(契約終了時の引き取り代金含む)がだいたい15,000円程乗ってくる形になります。

 

単身赴任の期間が3年を超えるならば、購入した方がメリットもあるかと思います。理由としては以下の通りです。

すべて安いもので購入してそろえた場合ですが、冷蔵庫・洗濯機・液晶テレビ(19インチ)は各30,000円程、電子レンジ・掃除機は各5,000円程なので、購入時の価格はざっと100,000円程。

これに処分するときに必要な代金(リサイクル料金+収集運搬料金)がそれぞれ冷蔵庫7,000円、洗濯機5,000円、液晶テレビ(19インチ)5,000円、電子レンジ2,500円、掃除機2,500円で処分費用が22,000円ぐらい、トータルで考えると125,000円ぐらいになりますのでこのあたりでレンタルとトントンぐらいに落ち着いてきます。

 

2.家具家電のレンタルできる品目一覧と契約期間の融通

家財道具のレンタルサービスでは、先に上げた冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビ、電子レンジ、掃除機の他に、クリーナーやカーテン、カップボード、チェスト、テーブルセット、時計などの家具類、ポット、炊飯器、DVDプレーヤーなどの家電製品と品揃えも驚くほど豊富です。

 

万が一、故障などのトラブルが発生しても、交換、修理に応じてくれるのでとても安心です。

 

 

また契約可能なレンタル期間も、月単位、年単位があり、さらにはレンタルの業者にもよるようですが(※)、期間の延長・中途解約も受け付けてくれるところもありますので単身赴任生活に応じて自由に対応ができるのも利点です。配送も迅速で、かかっても数日ほどで使用可能になるので、急いでいる時でも安心です。

※業者によっては、契約期間に縛りの存在する業者もあるようです。レンタル料金は安いけれど2年以上使わないと解約金が必要というのもあるそうです。

 

※私は、「アムスなんでもリース」様を利用してます。私の確認している限りでは、期間の延長・中途解約も受け付けてくれるとの確認が取れてます。

【追記2016.4.20】

「アムスなんでもリース」様との契約の1年が経ちまして、契約の満了日が近づいて、今後の契約について連絡がありました。今後の契約含めて選択肢としては、全部で3パターンの提示を受けました。

1.リース期間を終了し、物品の返却をおこなう

2.リース期間終了後は月額リース料金の同額で契約を延長する。ただし、最長12ヶ月

3.月額リース料金の6ヶ月分で買い取りをする。ただし初めの契約時に払った配送時の送料(契約終了時の引き取り代金含む)は返金されない。

 

今回、私の場合は、数年の赴任が決まりましたので、3番を選択しました。買い取りをした場合は、処分費用が発生しますが、処分代を含めてもそちらの方が得になるようでしたので・・・。皆様参考までに

 

 

 

3.あると便利な家電

必需品ではないけれどあると便利な家電です。単身赴任だとやはりどうしても味気のない寂しい生活になってしまいがちです。そのため、娯楽のための家電があるだけでずいぶんと気分が変わります。

 

パソコン

今はスマートフォンがあれば何でも調べられる時代ではありますが、やはりパソコンがあると何かと便利です。調べものをしたり、動画をみたり音楽を聞いたり、さらには家族との映像通話(インターネット電話)をしたり(※)と単身赴任者にはもってこいです。

「単身赴任をして感じる家族のありがたみ」の「1-3.Skypeを活用しよう」も合わせてご覧ください

 

※「単身赴任中のネット環境はどうしたらいいんだろう」も合わせてご覧ください

 

DVDレコーダー・ゲーム

一人で暮らすようになると自分の自由な時間が大きく増えます。その際にこの二つをもっていると、退屈せずに生活できます。ただ、パソコン1台で代用も可能です。

 

 

4.まとめ

個人的には、単身赴任者の家具家電の用意は、単身赴任を終えて自宅に戻る際の事なども考えるとレンタルが一番楽です。

 

単身赴任を終えて家電を自宅に運ぶとなるとお金がかかりますし、また、自宅にすでにある家電と重複してしまっているものもあるでしょう。洗濯機が家に二つあっても困ります。そのため赴任先を出るときにそろえた家電を処分してしまう人が多いようです。

 

そんな事を考えるとレンタルで如何でしょうか?