読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumityouの単身赴任ブログ

単身赴任者kumityouの単身赴任の事、時事、節約など思った事をつづっていきます。

単身赴任者はふるさと納税した方が良いよね?



スポンサーリンク

さて、確定申告も始まっておりますが、普段サラリーマンしてるとあまり関係ね~って考えてる方も多いかと思います。でも、来年は単身赴任者の方はぜひ確定申告しましょう!

 

理由は、単身赴任者は「ふるさと納税」を絶対にするべきだからです!「ふるさと納税」すると確定申告が必要になりますが、それを差し引いてもメリットいっぱいのお得な制度です。偉そうに言ってますが、私自身、今までやってませんでした!!調べてめっちゃ後悔しております・・・。

 

今回はそんな「ふるさと納税」について書きたいと思います 。 

 

f:id:kumityou21:20160216132357j:plain

 

1.そもそも「ふるさと納税」って何よ?

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付(税金を納める)をする制度です。

 

このように書くと「なんや税金か。ただでさえ単身赴任で生活苦しいのに、これ以上税金を払うなんてアホやな」などと考える人もいるかもしれません。実際に今まで私はそう思ってました!しかし、ふるさと納税の仕組みを見たら、絶対にやるべきと思うはずです!というより私も早くやっときゃ良かった・・・。

  

ふるさと納税の流れは以下の通りです。

・好きな地方自治体にお金を寄付する。

・寄付のお礼として特産品等と寄付金の証明書が送られてくる。

・証明書を添付して確定申告を行うと「寄付金の合計額−2,000円」が還付(キャッシュバック)

 

 

結果を簡単に言うと、「追加で2,000円の税金を納める事で、各地の高額な特産品を貰える制度」と言えます。つまり、これまでは税金として、ただただ取られるだけだったお金が、追加の2,000円の税負担で、いろんな特産品に化けます。2,000円の食費を払ってもこんなに特産品は絶対に手に入らないので、ぜひやるべきです。

 

ふるさと納税の詳細な説明については、ネットで調べれば詳しく書いているサイトがいっぱいありますので省略します。ちなみに私が参考にしたサイトは「ふるさとチョイス」様です。

 

 【追記】

ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すれば、給与所得者等(サラリーマン)がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられます。

 

「ワンストップ特例」は、実際は申請書の郵送等が必要となり、何もせずに確定申告が不要になる制度というわけでありませんし、また、条件がふるさと納税で寄附する自治体数が「5団体」までという場合に限ります。あくまで「寄附先」が5つまでということなので、1つの自治体に複数回寄附しても本制度の対象となります。

 

状況次第では確定申告の方が簡単な場合もありますので、制度の内容を知った上で、どちらにするか検討して頂きたいと思います。「 ふるさとチョイス」様に詳しくワンストップ特例制度の内容が書かれておりますので、詳細はそちらを参照ください。

 

 

2.なんで単身赴任者はふるさと納税した方が良いのよ?

ふるさと納税の仕組みについて、「好きな自治体に寄付をすることで、特産品などの恩恵が受けられる」と説明しました。そのように説明をすると「それならいっぱい寄付しまくって、特産品貰いまくったら得やん。どんどん寄付やろう!」と思う方がいるかもしれません。(私も金にゆとりがあればそんな事、言ってみたい・・・・)

しかし、多額の寄付をしても2,000円分以外の金額がすべて還付(キャッシュバック)されるという訳ではありません。

 

どういうことかと言うと、ふるさと納税として還付(キャッシュバック)が受けられる寄付金額には限度があり、その限度は、あなたの所得が関係します。簡単に言えば、高給取りの人ほど、多く寄付することができ、多くの恩恵を受ける事ができるシステムです。

 

 

そう、つまり我々単身赴任者は、単身赴任手当などの手当なるもので、多く給料を支給されている事が多いかと思います。結果として、多く給料が支給されることで各種税金や保険料なども上がってがっぽり取られ、さらには二重生活で泣かされて、給料が増えているのにそれ以上に負担が増えている・・・と散々でした。

 

だがしかし!
ふるさと納税」だけは、我々単身赴任者の味方なのです。
ふるさと納税」だけは、我々は、他のサラリーマンよりも多く恩恵を受ける事ができるのです!
やった~!単身赴任してて良かった~(錯乱)。

 

 

ちなみにいくらほど寄付することができるのかについては、先ほどの「ふるさとチョイス」様にあなたの年収目安に合わせた、寄付可能金額(税金控除になる金額の目安)が掲載されてますので参考にしてください。

 

 

2-1.どのくらいの物が貰えるの? 

ちなみに、単身赴任者+妻(配偶者控除を受けている)+子供(収入無し)の世帯の場合で、単身赴任者の1月1日~12月31日までの収入が500万円の場合、寄附金額の目安は49,000円になります。(※収入は税引き前の金額です。手取りではありませんよ)

 

49,000円も寄付できれば、

20,000円寄付・・・鹿児島・宮崎県産A5・A4等級黒毛和牛サーロインステーキ400g

20,000円寄付・・・香川県東かがわ市 香川産コシヒカリ30kg

8,000円寄付・・・鳥取県琴浦町 純米吟醸酒 天空の鷹

といったものがチョイスできます。この場合、寄付金額48,000円で、2,000円は負担することになるので、46,000円は還付(キャッシュバック)されます!いえーい!どれだけお得かはご理解頂けるよね?去年の自分に懇々と言って聞かせたいよ、ほんとに・・・

 

 

3.まとめ

ふるさと納税は、確定申告の面倒さや、所得に合わせた寄付限度額に決まりがあるなど、ちょっとわかりにくい所もあるかもしれません。しかし、単身赴任手当などで所得が上がってしまって税金をいっぱい取られている我々単身赴任者にとっては、数少ない恩恵を多く受けることのできる制度です。

 

それでなくても二重生活で苦しい単身赴任者にとっては、追加の税金2,000円の負担と確定申告するだけで、旨い食べ物なんかをいっぱい貰えるなら活用するしか無いと思います。

 

ぜひ、単身赴任中に英気を養うためにも、活用しましょうよ。