読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumityouの単身赴任ブログ

単身赴任者kumityouの単身赴任の事、時事、節約など思った事をつづっていきます。

単身赴任では寮とマンションどっちが快適?



スポンサーリンク

先日、家族が単身赴任先にやってくる!ひゃっほーい!の記事を書きました。その時にちらっと触れたのですが、「やって来た家族の泊まる場所はどうすんのよ?」ってことをさらっと書きました。その際に、ぶっちゃけ社員寮やマンションなんかでは、どこが暮らしやすいのかなぁ?っと思いましたんで、今回はそれぞれの特徴を紹介し、単身赴任で暮らすにはどこがどうなのか書きたいと思います。

 

 

f:id:kumityou21:20160302160956j:plain

 

 

1.会社が用意する社員寮

単身赴任者用の社員寮は、「生活費用を節約できるなら、ある程度の共同スペースがあっても気にならない」という方に最適なようですね。

 

社員寮の特徴は、なんといっても「費用が安い」というメリットでしょう。入居のための諸手続きは会社が行ってくれますし、敷金礼金なども不要です。指定された部屋に入居すればいいので、賃貸のように自分であれこれ悩みながら探す必要もありません。

 

しかしデメリットとしては、たいていの場合、職場の近くに寮が用意されていることが多く、自分で住むエリアを決める事ができないので、私生活の自由度にいくらかの制限を受けます。また仕事から帰宅しても会社の同僚と一緒ということもあるかと思います。「社員同士で仲が良いから気にならない」というのであれば問題無いでしょうが、公私の区別がつけにくくなるようですな。特に普段から規則やマナーを意識する必要も出てきて煩わしいと感じる人も多くなりそう・・・。

 

さらに寮生活ではお風呂やトイレなどが共同になる場合もあるようです。でも、最近で、こんな事があるのかと個人的には思ってますが、この場合なら掃除をしなくても済むメリットもあるだろうが、さすがにきついよなぁ・・・。

 

あとは、社員寮ですので家族が遊びに来ても、自分の部屋に家族の寝泊りの許可がされないこともあるようです・・・。代わりに来客用の部屋が用意されていることもあるようですが、家族が来てるのにそれでは・・・って感じですな。

 

 

2.マンション

単身者向けのマンションには、「仕事と生活はきちんと切り離し、とにかく自由が欲しい」という方に最適かと思います。私は切り離したい!とにかく切り離したい!特に、会社から単身赴任手当の一部に住宅手当がついている方にとっては、家族が遊びに来ることや、会社からの干渉を逃れるためには、最高です!あとはお金と通勤時間の問題のみ・・・。

 

最大のメリットは、先にも書いたように仕事とプライベートを完全に分けれる事と自分で住む場所を自分で選べる事でしょうか。ただ、自分で選べる分、家賃の負担が大きくなったり、通勤に時間がかかったり、生活面は自分で何から何までしなければならいというデメリットもあります。

 

 

3.単身赴任者向けマンション

最近では、家具家電が完備されている単身赴任者向けマンションなどもあるようです。

 

こういう部屋は、マンションのメリットの「仕事とプライベートを分ける」事ができるメリットにプラスで「鞄ひとつで新生活をはじめることができる = 新生活の費用を抑えることができる」というメリットがついてきます。部屋はあくまでも単身赴任中の仮住まいなんで、家具家電に金を使いたく無いって人にはもってこい。

 

さらには、食事を用意してくれるマンションも数多くあるようです。仕事が忙しい人や、料理が面倒な人には最高ですな。さらに単身赴任者向けマンションにはサービスが多くあるようで、クリーニング、ランドリー、宅配便の受け取りなどのサービスを受けられるところもあるようです。慣れない土地で、仕事をしながらこのような雑用をこなすのはなかなか大変ですので、マンション内にこういった設備やサービスがあるマンションも単身赴任をする上ではいいかもしれません。

 

ただし、メリットが多い分、家賃はそれなりに「お察しください」なので、どこまでお金が許せるかによる部分も大きいね・・・。しかも、この単身赴任者向けマンションは注意しないといけないのは、第三者を「泊めちゃダメ!」ってところも多いようです。家族遊びにこれね~なんてことにもなりかねないので、注意が必要みたいっす。簡易宿泊場所も用意してるところもあるらしいが、家族が遊びに来てる意味は・・・ってな事で事前にしっかと確認をしましょう。

 

 

4.まとめ

正直なところ、それぞれの会社毎に単身赴任者へのサポートのされ方も異なるので一概にどういう形が良いという事はないでしょうね。単身赴任者用の社員寮であっても、会社の人間が寮に住んでおらず自分だけで悠々自適という事もあるでしょうし、マンションを選んだ場合でも、家賃を会社が全額負担、そこまではしてくれなくても半額負担をしてくれるということもあるでしょう。そのため結局は、自分の好みと費用の問題になってきます。

 

ですので、赴任先の住まいを検討する場合には、まずは会社が赴任者への住居のサポートをどのくらいの費用や内容をしてくれるのかしっかり確認して、それに自分の譲れない部分を当てはめて考えてみるのが良いと思います。

  ・費用を優先するのか

  ・プライベート優先なのか

  ・家族や友人が遊びに来たときに泊めることができるのか

  ・とにかく面倒くさくないことなのか(通勤時間、食事、掃除etc・・・)

 

あくまでも単身赴任先は「仮住まい」です。それでも、赴任者にとっては重要なウェイトを占める「住まい」であることには違いないので、それなりに充実はさせたいよね~。

 

ただ、私からは、会社の近くは通勤には便利だけど、プライベートが希薄になるので、生活とのメリハリがつけにくいのでオススメしない。私は実際これで苦しんでいる・・・。

さらに言えば、オフィス街や繁華街の近くは避けた方が良いよね。オフィス街は常に仕事場に身を置いてるような感じになるし、繁華街は人にもよるだろうけど、気が休まらないので・・・

 

少しでも参考になりましたら幸いでございまっす。