読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kumityouの単身赴任ブログ

単身赴任者kumityouの単身赴任の事、時事、節約など思った事をつづっていきます。

完全自動運転は、正直まだもうちょっと先でしょ

日常


スポンサーリンク

さて、最近テレビでの車のCMでは、自動運転をうたいまくっておりますが、そんな中、テスラモーターのCEOであるイーロン・マスクが完全な自動運転車(レベル5)が登場するのが、6ヶ月以内と言っているようです。

完全自動運転カーの登場は「6カ月以内」とテスラのイーロン・マスクCEOがツイート - GIGAZINE

 

 

これは「完全自動運転の安全性は一般的な人間のドライバーの2倍以上」というぐらいの高性能なシステムですが、これは日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) が策定した自動運転技術のレベル4に相当します。

 

※日本政府が策定した自動運転技術のロードマップは現時点では、難易度を初期段階の「レベル1」から完全自動運転の「レベル4」までの4段階に分けております。今後レベル4を細分化して「レベル4とレベル5」に分けて増やすか検討しているようです。

んで、上記のテスラの言い分は、現状アメリカにあるSAEインターナショナルという非営利団体が定義している自動運転のレベルがあって、SAEインターナショナルの自動運転のレベルが5段階あることに基づいて、今回レベル5と言っているようです。

 

ちなみに現状でのレベル4までは次の通り

レベル1・・・アクセル・ブレーキ・ハンドルのうちのどれかの操作が自動(今のテレビCMでガンガン自動運転って言っているレベルに相当):事故時の責任はドライバー

 

レベル2・・・レベル1の内容の複数操作が自動で行われる(日産、テスラ、メルセデスが発売。トヨタ、ホンダは2020年予定):事故時の責任はドライバー

 

レベル3・・・レベル1の内容がすべて自動。ただし緊急時はドライバーが操作(2020年頃実現予定):事故時の責任はシステム(責任の範囲は今後議論)

 

レベル4・・・ドライバーが全く関与しない完全自動運転(2025年頃実現予定):事故時の責任はシステム

 

 

正直、テスラの言い分はまだまだ無理じゃね?って感じですが、ただ遅くとも2025年には実現しているとの見通しですので、今から単純に考えて8年後には走ってる事になります。そうなってくると、我々の生活・仕事において革命が起きますな。そんな事が目と鼻の先に起こりうるって事が楽しみですね。